3月 03日, 2019年
テノールとソプラノで贈る楽しい歌の世界!
2月 03日, 2019年
2019年2月3日(日) 橋本市教育文化会館2階 大ホールにて開催。(橋本市民狂言実行委員会) 第一部は、こども狂言教室で、口真似・清水・太刀奪(たちばい)の3題が上演された。あどけない子供達や学生8名による舞台で、日頃の練習成果を披露。 第二部は、大人による4題で 魚説教・萩大名・左近三郎・千鳥。お誘いをいただいたfmはしもとのパーソナリティー...
1月 25日, 2019年
午前9時30分のオープンに会場入りすると、既に十数名の来場者の方々。今日の正午までおりましたが、次々に沢山の皆さまにお越しをいただきました。opera横笛の詩でのエレクトーン奏者の東真帆さん(写真)やopera、声明コンサートの合唱に参加いただいた方々等とお話しをさせていただき、あっという間の3時間でした。明日もまた懐かしい方が来場くださるとの連絡を頂いていますので、和歌山市の絵添え文教室を午前中に終えたら会場に駆けつけます。 日々パソコンの前での引きこもり生活は少しお休みして(^_^; 残りの2日間も文人会の仲間や懐かしい方々との再会を楽しみたいものです。 (開催期間/2019年1月25日〜1月27日)
12月 30日, 2018年
2021年3月にopera「お照の一灯」の上演を目指し脚本を書きながら急に思い立って、かつらぎ町天野にある お照の墓を訪れたのが今年の5月末。 あれから毎月一度は墓参りに行くのですが今月12月は今日になってしまった。それも手ぶらで…。丹生都比売神社から十数分で行ける距離ですが、28日の雪がまだ残っている山辺の道はなかなかの風情。...
11月 26日, 2018年
昨日、2018年11月25日(日) あじさいホール(和歌山県かつらぎ町/かつらぎ総合文化会館)にて 松島龍戒「声明コンサート」(主催/紀州かつらぎふるさとオペラ(代表・防野宗和 企画) 共催/かつらぎ町・かつらぎ町教育委員会)を開催しました。開演前にはロビー、会館前に長蛇の列。イヤ〜 びっくりしました。...
10月 18日, 2018年
宗和塾 防野宗和 sowwa 絵添え文 のほとけの散歩道
今年で13回目となる 絵添え文教室展。明日10月19日(金)〜21日(日)までの三日間、和歌山市のフォルテワジマ 2階ギャラリーで開催されます。午前10時〜午後5時まで(最終日は午後4時まで)。 上の写真は 展示準備を終えて一息の一こま。 一人2〜3点の作品がそれぞれ個性豊かに並びました。明日から三日間、沢山の方々にご来場いただけます様 お待ちいたしております。
9月 02日, 2018年
尺八の辻本好美さん(橋本市出身)と砂川彩乃さん(埼玉県出身)のユニットAJIGUL(アジグル)に、パーカッションの中丸達也氏をゲストに迎えてのコンサート「尺八とピアノ〜わくわくドキドキ 日曜日の午後〜」が辻本さんの出身地である橋本市民会館ホールで開催されました。...
8月 26日, 2018年
河内長野市のラブリーホールで、ふるさとへの手紙〜思い出の曲にのせて〜 というロビーコンサートが開催されました。 このコンサートを知ったのは、ソプラノの西尾 薫さん(写真 左から4人目)のTWITTERでの告知から。西尾さんは、第弐回opera「横笛の詩」に出演いただき その後TWITTERでフォローしあっている。 で、今日のコンサートに向け...
7月 01日, 2018年
1年前の 7月1日17時40分アイが逝った。今日と同じ蒸し暑い曇天の日だった。目の前で静かに逝ってしまった様子を今でもはっきり覚えている。 亡くなったアイを、車の助手席に乗せ いつもの様に紀ノ川の散歩道を走った。この半年程の間は寝たきりで車に乗せて紀ノ川に行くのが日課でした。 あれから1年 アイは紀ノ川の風の中を飛び跳ねているのだろうか。
6月 13日, 2018年
※出来たてホヤホヤの声明「至心回向」の楽曲音声はこちらからお聴きいただけます(^-^)

さらに表示する