■プログラ第 一部■

1.【云何唄(うんがばい)】唱和/松島龍戒

声明の代表曲「唄(ばい)」「散華(さんげ)」「梵音(ぼんのん)」「錫杖(しゃくじょう)」が唱えられる。

唄(ばい)とは、漢語または梵語(ぼんご)で偈頌(げじゅ/教理や仏・菩薩(ぼさつ)をほめたたえた言葉)を唱えるもの。短い詞章を一音一音長く引いて、揺りなどの節を多くつける。

 

2.【四智梵語(しちぼんご)】作曲・唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会

密教のご本尊、大日如来さまより脈々と伝わるみ教えと、その四つの智恵をひたすら称える讃歌で、聲明の中でも 最もポピュラーな曲のひとつです。「とわの聖に護られて つきぬ命の等しさよみ法のさけび清らかに踏み行く道ぞ限りなし」現実世界の私たちは、日々あくせく身体を動かし、時にゆらゆらココロを動かされながら必死で生きています。その行いの善し悪しも含め、すべて仏さまは親のように受け止め、護って下さっています。私たちは皆、顔も性格も行動も異なる別の存在ではありますが、本来仏さまと等しい重さの命を持った宝物です。「みなの命は平等の宝であり、同じ命を持つ皆に尽きぬ救いを行おう」こう祈られているのが四智梵語です。ありのままの自分を認め、同様に他者を大切に思い、優しく接することができますように。そんな生き方の果てに、覚りの希望があることを心地よい和音を用いて編曲されています。

 

3.【祈願文】唱和/松島龍戒

真言宗の法要の形式に則り、ご来場の皆さま、そして世界の人々に祈りを捧げる言葉を読み上げます。

 

4.【散華(さんげ)】作曲・唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会僧侶

散華は字の如く、仏さまに華を撒かせていただく聲明です。僧侶たちがこの曲を唱えながら彩色鮮やかな華を撒き、花びらの舞と香りを捧げるもので、法会に華やかな動きが加わる場面となります。「仏さまに香や花をお供えしよう。この功徳があまねく一切にめぐり、皆が仏の道を成し修め、すべての衆生が安楽でありますように」このような願いが込められています。

 

5.【対揚(たいよう)】唱和/松島龍戒 唱和/和歌山青年教師会

祈願成就の声明で、二箇法要(にかほうよう/「唄」「散花」の二箇の声明曲を具備した法要を指す)の散華に付随する曲。原義は応対・称揚することで、先唱者が一句を唱え所定の位置までくると全員がその句の冒頭から唱えるという「次第取り」の方法による。また各句ごとに起居の作法を行う。

 

6.【理趣経(りしゅきょう)中曲勧請】作曲・唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会

真言宗の法事や葬儀、祈願など日常のお勤めには必ず用いる大切なお経で、今、この世に生きている「そのままの自分」を救い、世の全ての人々も幸せにしようと説かれています。理趣経は、唱え、聴くだけでも功徳があるとされ、本来、法事や葬儀に関係なく接してもよいのですが、表面的な理解だけでは誤解をまねくおそれもあることから、もっぱら僧侶により寺院の中のみで唱えられています。

 

7.【理趣経(りしゅきょう)中曲初段】作曲・唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会

理趣経は、苦悩の原因ともなりうる「欲」も本来は清浄で、生命活動の原動力であるから、滅することなく私利私欲の 「小欲」から、世のためひとのための 「大欲」へと成長させる姿勢に一切の救いがあると説きます。

三味線のダイナミックで躍動感あふれる演奏が、理趣経の説く「生命の根源的エネルギー」に大いに共鳴し、価値ある日々を生き抜こうとしている全ての人々の救いの一助となれば幸いです。

 

8.【至心回向(ししんえこう)】作曲・唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会

                                   唱和/コーラス  U・グイス

祈りの席に臨んだ功徳と喜びを、世の中の一切と分かち合うためのお経で、法要においては主に最後にお唱えします。

「深く暗いところから自らを悔い、悩み、やがては救われて歓びの高みにのぼってゆく」

 

    【休 憩】

■プログラ 第二部■

1.【いろは歌】編曲/車川知寿子 唱和/コーラス  U・グイス  ※U=You グイス=拝詞

作者は諸説あるが、院政期以来卜部兼方の『釈日本紀』で、「いろは歌」は 空海(弘法大師)の作と記されている。

文脈の解釈として中世から現代にいたるまで各種の解釈がなされてきたが、多くは「匂いたつような色の花も散ってしまう。この世で誰が不変でいられよう。いま現世を超越し、はかない夢をみたり、酔いにふけったりすまい」などと、仏教的な無常を歌った歌と解釈してきた。いろは歌は『涅槃経』の中の無常偈(むじょうげ)「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」(諸行は無常であってこれは生滅の法である。この生と滅とを超えたところに、真の大楽がある)の意訳であるとの説があるが、他にも諸説ある。

 

2.【愛と別れ(横笛の詩)】作曲/千秋次郎 作詞/小川淳子 唱和/松島龍戒・十鳥可奈子

紀州かつらぎふるさとオペラ「横笛の詩」で、2012年初演から歌われている 滝口入道と横笛の二重唱。

■寂静の章「第二幕 第三場/高野山 大圓院」

滝口♪ 私はいま 雲を見下ろす 高野の森に立つ 木々を吹きわたる 風に聞くのは 横笛の詩(うた)

    浮き世を捨てた わたしにも 初めての恋に身を焦がした 想い出が よみがえる

   「華やかななかにも切ない 横笛の詩(うた)」

横笛♪ 私はいま 雲を見下ろす 高野の風となり 木々を吹きわたり 君にとどける 横笛の詩(うた)

    浮き世を捨てた わたしにも 初めての恋に身を焦がした 想い出が よみがえる

二人♪ 愛し(愛し) そして別れた ふたつの心 別れてなおも(別れてなおも) 愛し合う ふたつの心

    人の世の 悩みをいやし 後の世に 悟りをひらく そのための よすがとなって

    やさしく響く 横笛の詩(うた)

滝口♪ 此世及後生 [し せ ぎゅう ご しょう]     横笛♪ やさしく響く

滝口♪ 願佛常攝受 [がん ぶつ じょう しょう じゅ] 横笛♪ 横笛の詩(うた)

滝口♪ 願共諸衆生 [がん ぐ しょ しゅう じょう]  二人♪ 往生安楽國 [おう じょう あん らく こく]

 

3.【愛憎から浄心へ】opera「横笛の詩より」 作曲/千秋次郎 作詞/防野宗和 唱和/十鳥可奈子

2018年3月 opera「横笛の詩」第参回公演で初めて歌われた横笛のアリア。

■恋風の章「第一幕 第四場/嵯峨野 往生院 三宝寺(現 滝口寺)」/般若の愛憎場面から小面の浄心場面の歌

般若♪ 嵯峨の奥里 破れし柴の戸の その前で 声を絞り 心立たせ 刹那に呼べど

           「貴方の 気高(けたか)しくも麗しき心 何も聞こえはしない」

  ♪ なにゆえに 一目ながらも会えぬとは あぁ あぁ この無情 この悲しみ この憎き憎き 思い

    如何に如何に晴らそぞ あぁ

小面♪ 嵯峨の澗水 手のひらにすくい 明日もまた 生を繋ぎ 夕に神を 養いましょう

        「貴方の気高くも麗しき心に わたくしも続きましょう」

  ♪ つる草や ささめの草で 身を覆い あぁ あぁ あの無情 あの悲しみ あの憎き憎き思い

       全てを捨てて 御仏の道へと 進まん

 

4.【追悼和讃(ついとうわさん)】作曲・唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会

しめやかな祈りの御詠歌。御詠歌とは、五七調の和歌に旋律をつけて唱えるお経の総称です。この曲は、大切な人を偲ぶ御詠歌で世のはかなさと仏に救われゆく事を願う曲です。

 

5.【般若心経(はんにゃしんぎょう)】唱和/松島龍戒 編曲/車川知寿子 唱和/和歌山青年教師会

正式名称は【般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう)】

「この世の一切は はかなくもかけがいのない」ことを説き、供養、祈願、どんな時にもありがたく唱えます。

 

6.【称名礼(しょうみょうらい)】唱和/松島龍戒 唱和/和歌山青年教師会

仏を心中に念じ「南無阿弥陀仏」などと唱えること。